「生きる意味がわからない」生きる目的を見つける方法

生きる意味がわからない。

この悩みを持つ人は意外に多い。

何かの拍子で人生に絶望した人はもちろんだが、そうでなくてもこの思考に陥る場合がある。

少し哲学的に思えるかもしれないが、本人にとっては周りが想像している以上に重要な問題なのだ。

生きる意味を失った人はどうなるのか。

全てのことが無気力になり、最悪の場合は、生きることを放棄しようとしてしまう。

私も、過去にこのような思考に陥ったことがある。

だからこそわかるのだが、この答えを見つけられないことは本当に苦しいことだ。

それはまるで「出口のない迷路」に迷い込んでしまったような不安感に襲われる。

そこで今回は、私なりに「生きる意味」を説きたいと思う。

自分が何のために生きているのか、そのことに悩んでいる人は是非参考にしてもらいたい。

スポンサーリンク

人は生きているのではなく生かされている

私が最初に「生きる意味」に疑問を抱いたのは18歳の頃である。

その頃の私は、人生に絶望していた。

強迫性障害を発症し、さらに追い討ちをかけるように飛蚊症になってしまったのだ。

同年代が青春を謳歌している時に、私は人生のどん底な気分を味わっていた。

そのような日々を過ごすにつれ、次第に生きる気力は失われていった。

自分は一体何のために生きているのか……。

毎日、そのことばかりを考えていた。

このまま消えてしまいたい……。

当時は、本気で自ら命を投げ出そうとしたこともあるほどだ。

それでも私がここまで命を繋いでこれたのは何故か。

それは、私が生かされているからだ。

あなたも、今までこんな言葉を聞いたことはないだろうか。

人は自分の意志で生きているのではなく、生かされている。

最初、私はこの言葉の意味がわからなかった。

人が自分の意志で「生きている」のではなく「生かされている」などとは到底信じられなかったからだ。

この言葉は、ずっと「特定の宗教に属している人」や「信仰心が強い人」に向けられた言葉なのだと思ってきた。

しかし、今ならこの言葉が、この世の真理だということがわかる。

そのことを悟ったのは「私と同年代の男が川で溺れて亡くなった」というニュースを見てからだ。

その彼は友達とバーベキューにきていたようで、川で泳いでいる時に足をつって溺れてしまったらしい。

友人達も、まさかこのようになるとは誰も思っておらず、救助も遅れ、最悪の結末を迎えてしまったようだ。

写真に映った彼の満面の笑顔からは、今が楽しくて仕方がない、といった気持ちが存分に伝わってきた。

きっと、彼の頭には、輝かしい未来の人生プランで満ち溢れていたことだろう。

しかし現実は、彼は未来に辿りつくことなく、若くして人生を終えてしまった。

その一方で、人生に絶望し、生きることを放棄しようとしていた私は今もこうして生きている。

この時、私は始めて「生かされている」ということを理解した。

もちろん、このことだけで「生かされている」と断言するのは早計なことだろう。

今回の彼の件にしても、もっと注意していれば防げたことかもしれない。

しかし、世の中には、自分の意志ではどうしようもないことは山ほどある。

ニュースを見れば、天災事故に巻き込まれ、毎日のように誰かが亡くなっていることがわかる。

彼等は自分の意志に反して命を落としている。

人は、自分の意志で「生きる」ことを選べないのだ。

この事実だけをみれば、今生きている人達が「生かされている」ということは紛れもない真理である。

どんなに人生を満喫している人でも、命を落としてしまえば、そこで「生きる意味」は失われてしまう。

逆にいえば、生きているというだけで、その人にはまだ生る意味があると考えられる。

「生きる意味」に悩んでいる人は、まずはそのことを頭に入れてもらいたい。

生きる意味と生きる目的は違う

生きる意味が分からないという人に、もう一つ知ってもらいたいことがある。

それは「生きる意味」と「生きる目的」は違うということだ。

生きる目的とは、自分の夢や欲望を叶えようとすること。

これら二つは似ているようで、全く異なるものである。

人は誰しも「こうなりたい」という自分を持っている。

しかし、それを達成することを「生きる意味」と捉えてしまっては、永遠に生きる意味を掴むことはできない。

何故なら、人の欲望には際限がないからだ。

欲望を達成したことで、一時的には安堵感を得れるかもしれない。

しかし、一つの欲望を達成しても、すぐに次の欲望が押し寄せる。

そうなれば、また「生きる意味」を探す焦燥感に襲われるだろう。

さらに、この現象は、逆に欲望が達成できなかった時にも起こりえることだ。

いつまで経っても目的が達成できないことで、自分の不甲斐なさばかりに目を向けるようになり、自分には生きる資格がないとなってしまう。

「生きる意味」を夢や欲望という尺度で計っている限り、自分の生き様を肯定することはできないのだ。

そうではなく、本当の「生きる意味」を見つけるためには、もっと使命感のようなものが必要だ。

これは自分にしかできない、自分はこのために生まれてきたのだ。

そう心から自分自身を奮い立たせることができるものでなければならない。

では、それは一体どのようなものなのか。

次項では、そのことを具体的に説明する。

生きる意味とは何か

前項までは、「生きる意味」の概要について語ってきた。

そのことを踏まえたうで、「生きる意味」とは何かを具体的に説明したい。

私が思う「生きる意味」とは、ずばり人に影響を与えることだ。

人は誰しも、悩みを持っている

人間関係の悩み、健康の悩み、金の悩み、未来の悩み。

悩みは人によって様々だが、いずれも心に不安を抱いている。

その「不安」を、あなたが解消させてあげればよいのだ。

あなたがその人に働きかけることで、その人の不安が解消されるならば、それは立派なあなたの「生きる意味」だ。

このことをすぐに実践できる代表的な方法がある。

それはボランティアだ。

昔の私は、ボランティアをする人の気持ちがわからなかった。

ボランティをしても自分には何も利益がないのに、彼らは何故そんなことをするのだろう。

私はずっとそう思っていた。

だが、今ならその理由が分かる。

彼等は困っている人々を助けることで、自分が人に影響を与えている実感をダイレクトに受け取っていたのだ。

自分がやらなければ困っている人達は助からない。

そんな使命感が、彼等を奮い立たせるのだろう。

もちろん、ボランティアをしている全ての人が、その対価を得るために行っているわけではない。

単純に、慈悲の精神に溢れている人だっている。

しかし、本人は自覚していなくても、自分にしかできない使命感を手に入れたことは、「生きる意味」を手に入れたことと同義である。

こう考えると、人々の役に立ち、自分にも「生きる意味」を与えてくれるボランティア活動は、本当に素晴らしいものだと思う。

しかし、だからといって、これを読んでいる全ての人にボランティア活動を強要しているわけではない。

いくら「生きる意味」を手に入れられるからといっても、やはり、いきなりボランティア活動をするのは少々ハードルが高いことだ。

だが安心して欲しい。

そのような大層なことをしなくても、人にはちゃんと影響を与えられる。

例えば、あなたが何かの本を読み、とても感銘を受けたとしよう。

その感想を、作者に送るだけいい。

自分がこの本を読んだことで、どのように自分の気持ちが変化したのか、または感銘を受けたのか。

そのことを作者に伝えるだけで、作者に「影響を与える」ことができる。

もしかしたら、そのことがきっかけで、作者に次回作を作る動機を与えられるかもしれない。

そうなれば、それはまさに、あなたの生きる意味となる。

さらにもっと簡単なことでいえば、人に「笑顔」を向けるだけでもいい。

人に笑顔を向けるだけで、相手に「好意」を伝えられる。

それだけでも、相手は自分の存在を認めてもらえたという承認欲求を得ることができるのだ。

生きる意味に悩んでいる人は、このような小さなことでも「人に影響を与えられる」ということを知ってもらいたい。

ただし、一つ注意してもらいたいのは、人に影響を与えることは相手を喜ばせることであってもらいたい。

誹謗・中傷など、相手の心を傷つけることもたしかに影響を与えることだ。

しかし、このような負のエネルギーで培った影響は、いずれは自分自身にも跳ね返ってきてしまう。

これでは両者ともに不幸になるだけだ。

そうではなく、人に影響を与えることは、相手の心に正のエネルギーを与えることにして欲しい。

私のことでいえば、このブログを作ることが、私の「生きる意味」だと思っている。

このブログを通して、私と同じような悩みを持つ人に、少しでも影響を与えることができれば、これほど幸せなことはない。

あなたにも、あなたにしかない「生きる意味」はちゃんとある。

どうか、そのことを探すことを諦めないでほしい。

あなたが影響を与えた人が、また他の誰かに影響を与える。

そうして人々が互いに影響を与え合い、多くの人が幸せになれることを、私は切に願っている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク