SMAPの解散に思うこと

昨日SMAPの看板番組である『SMAP×SMAP』の最終回を迎えた。

SMAPとしての活動は今年の12月31日までとなっているが、メンバーはこの番組を最後にしたいと言っているので、事実上、昨日がSMAP5人が揃う最後の番組ということになる。

当初は生放送での出演予定をしていたらしいが、メンバーの断固拒否の姿勢により再現は適わなかったようだ。

ファンからすれば、最後の勇姿くらいは生放送で見たかったというのが本音だろう。

私自身も、SMAPには非常に思い入れがあるだけに、本当に残念だ。

彼等の魅力を挙げるとすると、いい意味でジャニーズらしくないということ。

ジャニーズというと、どうしても女性ウケを意識して気取るイメージがあるのだが、彼等は常に自然体な感じがして、非常に親しみやすかった。

各メンバーの個性も素晴らしい。

お互いがお互いの魅力を引き出すように、うまい具合に噛み合っていた。

そんな彼等の掛け合いを見ていると、非常に微笑ましい気分になれる。

だからこそSMAPは、老若男女問わず人気のあるグループになれたのだと思う。

まさに国民的アイドルという名は彼等にこそふさわしい。

恐らく、もう彼等のほどのグループは、今世紀には出てこないだろう……。

それほどまでにSMAPというグループは異彩を放っていた。

それだけに、最後がこのような形で終わってしまったのが残念で仕方ない。

巷では解散の理由を「木村の裏切り」「香取のわがまま」など色々と議論されているが、私は根本的な原因はそこではないと思う。

たしかに解散のきっかけとなったのは、SMAPの事務所離脱の問題が発端なのは間違いないだろう。

しかし根本的な理由、つまり彼等の仲違いの原因は、もっと昔から起こっていたのだと思う。

テレビでインタビューを受けていた際、草なぎ剛がこのようなことを言っていたのが印象的だ。

「僕らはもうずっと前からこじれていたんです。それでもここまで我慢してやってきた」

この言葉からわかるように、彼等の仲違いは、ずっと昔から蓄積してきた結果なのだろう。

それでもテレビの前では、そんな素振りを全く見せずに笑顔で接している。

彼等の心中を想像すると、それは本当に過酷なストレスだったと思う。

彼等の間に何があったのか、その真相は彼等自身にしかわからない……。

ただ一つ言えることは、最後の解散の時まで一緒にいたくないと思うほどに、彼等の関係は悪化しているということだ。

彼等だって、心の中ではファンに最後の姿を見せることが義務だとわかっているはずである。

そうわかっていても、それができないほどに彼等の関係性は修復不可能なのだろう。

そう思うと、このまま無理にグループを続けさせるのは可哀想なことかもしれない。

ファンとしても、これ以上彼等のギスギスとした姿を見せられるよりは、ここでひとまず区切りをつけた方が精神衛生上良い気がする。

大丈夫。

きっと数年後、彼等はまた昔のようにお互い笑い合って接することができるようになっているはずだ。

私達ファンは、その時にまた温かく迎え入れてあげれば良い。

それまでは彼等の今までの活動を労い、祝福のエールを贈ってあげよう。

今までありがとうSMAP。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク