『しくじり先生』新庄剛志の人生観から学ぶ成功の秘訣

先日の『しくじり先生』に元プロ野球選手の「新庄剛志」が出演した。

新庄といえば、日本ハム時代には「新庄劇場」と呼ばれるパフォーマンスでファンを魅了し、プレー以外でも世間を賑わせたスター選手である。

そのスター性は凄まじく、現役ラストシーズンにはチームを日本一に導き、最後のヒーローインタビューで「(強運)もってるわ俺」というセリフを放った、まさに漫画の主人公のような存在だ。

そんな輝かしい経歴を持つ彼に、一体何の「しくじり」があるのだろうかと、私は番組を見るまで全く想像がつかなかった。

見てない人のために内容を要約すると、彼にはプロ野球選手になった時から自分の給料を全て預けていたA氏という知人がいたのだが、そのA氏に裏切られ、22億円という大金を失ったというのだ。

一見して苦悩とは無縁に見える新庄に、まさかそんなことがあったとは……本当に驚いた。

やはり、どんなに華々しく見える人間にもそれなりの苦悩はあるかもしれない、と改めて思った。

ただ、この番組を見て、私が彼に関心を抱いたのはその部分ではない。

それは彼の人生観である。

私は「しくじり先生」の面白さは、教訓を学ぶことよりも、その人物の人生観を知れることだと思っている。

今回の新庄の人生観にも、私が魅了された話が色々とあった。

中でも特に感銘を受けたのが、彼が「ニューヨークメッツ」に移籍を決めた時の話だ。

当時、彼がFA宣言をすると、「ヤクルトスワローズ」と「横浜ベイスターズ」の二球団から声が掛かったそうだ。

両者ともその年棒提示額は、なんと「12億円(4年契約)」

あの頃の野球界では破格の金額である。

一方のニューヨックメッツの提示額は「2200万円」

新庄クラスの選手にこの金額は信じられないかもしれないが、当時はまだ、野手でメジャーに挑んだ日本人選手はいなかったので、アメリカ側も未知数の選手には大金は出せないということだったらしい。

普通の人ならば、この状況でニューヨークメッツを選ぶことはまずしないだろう。

いくら本人が海外志望だとしても、あまりにも金額が違いすぎる。

だが、彼はそれを選んだ。

しかも、その決断を誰にも相談せずに一人で決断したというのだからさらに驚きだ。

「誰かに相談したって答え(日本に残ること)は決まってるでしょ」

こう語る彼の表情には、後悔など微塵も感じてないように見えた。

事実、彼はニューヨークメッツを選んだことで、「スターになる」という自分の夢を叶えたのだ。

もし、彼が目先の金額に目がくらみ、ニューヨークメッツを選んでいなかったら、今の「新庄剛志」はなかっただろう。

このことは、まさに私が【決断力を磨くことの「重要性」と決断力を「鍛える方法」】でも話したように、自分で決断することが、人生においていかに大事なのかを物語っている。

彼の話を聞いて、選択を決める時は自分の気持ちに素直になること、それが何よりも大切なのだと、改めて認識させられた。

そしてもう一つ、私は新庄から学ばなければいけないことがある。

それは新庄剛志の考え方だ。

見た目どおりの印象かもしれないが、彼は基本的にポジティブである。

当時、彼がニューヨークメッツに移籍を決めた後、周囲は猛反発した。

新庄なんかがアメリカで通じるわけがない、日本の恥だ!

中には、このように罵倒する輩もいたようだ。

このような状況では、並みの人間なら気落ちしてしまうだろう。

しかし、彼の思考は違う。

彼はこの時、「もっと批判してくれ」と思ったそうだ。

周りが批判すればするほど、活躍した時に皆を驚かすことができる。

そのことを考えただけで、気持ちがワクワクするというのだ。

そうして彼はニューヨークメッツで四番を任されるなど、見事に大活躍した。

批判をされることでモチベーションを高めるなど、常人では考えられない発想である。

さらに新庄のポジティブ思考の凄さはこれだけではない。

彼は22億円失った今ですら、「(気持ちを)切り替えた。また稼げばいい」と断言しているのだ。

この言葉を聞いた時、私は彼に心から尊敬の念を抱いた。

もし私が彼の立場なら……きっと笑って過ごすことなんてできないだろう。

どんな逆境にもめげずに、いつも前向きに考える。

もしかしたら、そんな彼の心の強さが強運を引き寄せているのかもしれない。

私も、いつか彼のようなポジティブな人間になりたいと強く願う。

それには【自分に自信がない人が確実に「自信」をつける方法】で話したように、自分に自信を持つことが何よりも必要なのだと思う。

最後に、新庄が番組内で語ったセリフを書き記して、この記事を締めくくることにする。

今日が楽しかったらいいと思える毎日を過ごせたら、それが一番幸せかな。

新庄剛志が放ったこの言葉こそが、人生における真理だと私は思っている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク