正しい子供の育て方

子供の育て方で悩む親は多い。

しつけ、誉め方、叱り方、マナーなど、子供に教えることは山ほどある。

教育熱心な親達は、必死に本やネットで情報を集め、日々、子育てについて勉強している。

時には、その重圧からノイローゼになったり、うつになってしまう人もいる。

だが、それだけ熱心に勉強しているにも関わらず、正しい子供の育て方を知る人は少ない。

ひどい場合は、間違った知識を鵜呑みにして、そのまま子供を育てている親もいる。

そこで今回は、【毒親の呪縛】で話したように、毒親に育てられた私が、自分自身を反面教師とした「正しい子供の育て方」を伝授したい。

現在、私にはまだ子供はいないが、自分が毒親に育てられたことで、子供の育て方については人一倍の知識がある。

それは、下手なマニュアル本よりもよほど有益性が高いと自負している。

子供の育て方で悩んでいる人、または将来子供を欲しいと願っている人は是非一読して欲しい。

スポンサーリンク

間違った教育思想

まず初めに、多くの親が子供の育て方で間違っている点は「子供をちゃんと育てなければならない」という想いが強いことだ。

頭の中には、常に「自分がこの子の将来を担っている」という重圧があり、親としての責任を果たそうと必死になっている。

一見すれば良い親に思えるが、これには一つ盲点がある。

それは、子供には親の気持ちが伝わっていない、ということだ。

「親の心子知らず」という言葉があるように、たとえあなたがどんなに子供のことを想っていても、子供からすればただの「厳しい親」にしか映らないのだ。

子供の心は繊細だ。

あなたがいつも張り詰めた表情をしているのを見て、心に余裕がないことをすぐに察知する。

それに気づいた子供は、どうにかしてあなたの機嫌を取ろうと頑張るが、その行動は「子供の成長」に強い悪影響を及ぼす。

なぜなら、子供が自分の気持ちを素直に表現できなくなるからだ。

幼少の頃から親の目ばかりを気にして育てば、当然だが、自分の存在価値を認めることができなくなってしまう。

最悪の場合、その子供は自分に自信がない萎縮した大人になってしまうだろう。

あなたが良かれと思ってしていた「しつけ」は、実は子供の言論を奪う「恐怖政治」でしかないのだ。

そうではなく、子供を正しく育てたいと願うならば、子供にもっと自由を与えるべきだ。

いわゆる「放任主義」という教育方針だ。

これを言うと、「そんなことをしたら子供が駄目になる」と聞こえてきそうだが、その考えは間違いである。

実は、子供の人格を形成するために、親の影響というのはほとんどない。

影響があるのはせいぜい5~6歳までで、その後は外部の影響が強く反映される。

要するに、学校の友達や先生など、家族以外の人間との触れ合いのことだ。

「こうしたら上手くやれた」「こういうことをしたら駄目だ」

そういった人生観の良し悪しは、経験を通して子供が勝手に学んでいくのである。

にも関わらず、親から必要以上に「厳しく」されれば、子供の心はどんどん抑圧されてしまう。

すでに十分に受け取っている世間勉強を、家でも押し付けられるのだ。

これでは、子供は一向に気が休まる時がない。

親の「しつけ」は、子供にとっては余計なお世話でしかないのである。

さらに恐いのは、このように育てられた子供は、思春期に爆発することが非常に多いことだ。

いわゆる「反抗期」と呼ばれるものだが、抑圧されて育った子供達は、普通の子供とは反抗のレベルが違う。

単に親に反抗するだけではなく、徹底的に親を苦しませようとする。

その一つが、非行に走ることだ。

俗に言う「不良」と呼ばれる層である。

不良と呼ばれる子供達は、家庭環境が厳しかったというケースが非常に多い。

世間では「あんなに立派な親なのに、どうして子供はああなってしまったのだろう」と疑問視するが、私からすれば不思議でもなんでもない。

全ては、親が必要以上に子供に厳しくした結果である。

不良と呼ばれる子供は「自分の存在」を親に認めてほしいのだ。

厳しく育てられた子供には、承認欲求が著しく足りていない。

幼少の頃から親の「しつけ」に抑圧され、自分の本心を奪われてきたのだから当然だろう。

だからこそ、親の束縛から逃れた「本当の自分」を見せつけようとヤッキになるのだ。

子供が非行に走る原因には、「自分をわかってほしい」と願う、親へのアピールが含まれているのである。

このような事態を防ぐためにも、親は子供にもっと「自由」を与えるべきだ。

必要以上に厳しく育てることは、親の自己満足でしかない。

あなたが子供のためだと想っていても、子供にとっては全く別の意味でしかないのだから。

だからこそ、もっと気楽に子供に接してあげてほしい。

「自分がしっかりしなければならない」などと肩肘を張らずに、子供と楽しい思い出を作ることだけに専念すれば良い。

子供の育て方で悩む人は、まずはこのことを心に留めてもらいたい。

子供は親の分身ではない

前項では、厳しく育てることが子供にとってどれほど悪影響なのかを話した。

次に、この項目では、子供を育てるうえでもう一つ大事なことを話す。

このことも、多くの親が無意識にしている行動なので、子供を正しく育てたいならばしっかりと頭に入れてもらいたい。

それは、子供を自分の分身として扱わないことだ。

端的に言えば、「子供の人生は子供の物だ」と自覚することである。

世の中には、このことをわかっていない親が非常に多い。

中でも、特に多いのが自分の想いを子供に託すことだ。

具体的に言えば、自分が叶えられなかった「夢」や「目標」を子供に押しつけることだ。

そのような親は、自分の子供時代を強く後悔している。

それを払拭せんばかりに、子供を分身のように扱い、自分が果たせなかった夢を代わりに叶えてもらおうとするのだ。

その代表的な行動が、習い事を強要することである。

野球やサッカーなどのスポーツはもちろん、ピアノや習字など、そのジャンルは様々だ。

塾に通わせて私立の小・中学受験をさせることもこれに含まれる。

いずれに共通することは「子供の意思とは無関係」ということ。

親は子供に「お前の将来のためだ」と必死に言い聞かせるが、実際は自分のためでしかないのである。

さらに言えば、残念ながら子供が親の願望を叶えることはほとんどない。

なぜなら、子供が自分で決断したことではないからだ。

これは子供に限ったことではないが、人間というのは「自分で決断したこと」でしか意欲は沸かないのである。

幼いうちは親のご機嫌を取るために頑張るが、大人になるにつれ、どんどん意欲が下がっていく。

やり始めた動機が「自分の本心」ではないのだから当然だ。

結局、全て中途半端に終わることになり、後には何も残らない。

子供の育て方の失敗でよくあるパターンである。

ただ、それだけならまだいい。

恐ろしいのは、親の決断に従うあまり、子供が自分で決断する力を養えなくなることだ。

それは【「自分で決断する」ことは人生で一番大切なことである】でも話したように、子供の人生にとって最も不利益なことである。

長い人生、子供は自分で決断しなければならない時が必ずくる。

その時になっても、親の決断ばかりに従ってきた子供は、自分では何も決められない。

それはやがて、本人が一番後悔することになり、最悪の場合、そのことで親を怨むことになるだろう。

それほどまでに、決断力を養うことは人生に重要なことなのである。

そうならないためにも、親は子供に決断力を養う訓練をさせなければならない。

その方法は至極簡単だ。

親が子供に「決定権」を譲れば良いのである。

あなたは『高木豊』という人物をご存じだろうか。

知る人ぞ知る、俊足好打の元プロ野球選手である。

彼には三人の息子がいる。

その息子達は、なんと三人ともプロサッカー選手になっているのだ。

元プロ野球選手の父親を持ちながらも、その子供はサッカー選手として活躍している。

これは本当に素晴らしいことだ。

もちろん、「素晴らしい」というのは、子供がサッカー選手になったことではない。

高木豊が子供達に「サッカーを選んだこと」を許したことである。

普通、自分がプロ野球選手だったのなら、どうしても「子供にも野球をやらせたい」と思ってしまうのが親のサガというものだ。

しかし、高木豊は一切その気持ちがなかったと断言している。

以前、彼はそのことについて、インタビューでこう答えた。

選択肢を親が決める人生ほどつまらない人生はない。

だから決定権はすべて子供たちに与えた。

自分で責任と決定を下す意思を持てるようにしないといけない。

親が決めると、子供の芽を摘んでいくことになると思う。

私は、この言葉を聞いて心底感動した。

高木豊は親として大切なことをちゃんとわかっているのだと。

高木豊の言うとおり、人生の決定権は子供自身に託すべきなのである。

子供は親の所有物ではなく、一人の人間なのだから。

そのことを、親は強く認識しなければならない。

もし、あなたにも心当たりがあるのなら、心の中でもう一度この言葉を唱えてほしい。

「子供は自分の分身ではない、子供の人生は子供の物だ」

子供を正しく育てるためには、この考えは必要不可欠だ。

子供を愛することの大切さ

ここまで、「正しい子供の育て方」についての心構えを話してきた。

いずれも子供を育てる上でとても大切なことである。

そのことを踏まえて、この項目では、具体的に子供に何をすれば良いのかを話したい。

これこそが正しい子供の育て方の本質と言ってもいい。

その答えは、子供を愛することである。

「愛する」と言っても、ただ愛するだけでは意味がない。

その愛は無償の愛でなければならないのだ。

無償とはつまり、子供からの見返りを一切求めないということ。

「そんなことは当たり前だ」と思うかもしれないが、果たして、あなたは本当にそのことを理解しているだろうか。

この「見返り」というのは、子供から何かをもらうことだけを指しているわけではない。

子供が「一人前」になることを望むことも、見返りに含まれるのである。

多くの親は、自分の子供に「大層な人間にならなくても、一人で自立できる大人になればいい」と願っている。

しかし、その願いは簡単なことではない。

【良い大学、良い会社への幻想】で話したように、今の時代は昔とは全ての社会構造が異なっている。

昔は当たり前にできた「自立する」ことですら、今では全ての人間が成し遂げられるわけではないのだ。

正直に言えば、あなたの子供が将来ニートになる可能性も大いにありえる。

今の日本社会は、それほどまでに混迷している。

だが、それでも親は子供を愛さなければならない。

それこそが、見返りを求めない真の「無償の愛」なのだから。

その覚悟を持った者だけが、本当の意味で子供を持つ資格がある、と私は思っている。

これを聞いたあなたは、もしかしたら子供の将来が不安になったかもしれない。

中には、「自分の子供もニートになったらどうしよう」などと考える人もいるだろう。

だが、安心して欲しい。

子供に「無償の愛」を与えていれば、ニートになることはほとんどない。

実は、子供がニートになるケースのほとんどは、親から愛情を受け取っていないことが原因なのだ。

最初の項目で、子供の人格形成に親の影響はほとんどない、と書いたが、子供が「自信」を持てるかどうかに関しては、親の育て方が強く反映される。

むしろ、親からの影響が全てだと言っても過言ではない。

ニートの人は自分に自信がないことが非常に多い。

それは幼少の頃から、「何かを達成したら褒められる」という、条件付きの愛情しか受け取ってこなかったからだ。

テストでいい点を取った時だけ褒められる、習い事が上手くできた時だけ褒められる。

このように、「条件付き」で褒められることを当たり前として育った子供は、何もしていない自分には価値がない、と思い込んでしまうようになる。

そのため、親に褒められようと常に頑張り続ける羽目になってしまうのだ。

これでは、いつまで経ってもありのままの自分を認めることができない。

【自分に自信がない人が確実に「自信」をつける方法】で話したように、自分に自信を持てないことは、生きていくうえで非常に重い足枷となる。

それは、挫折した人達がニートになる大きな要因でもある。

そのような苦しい思いを子供にさせないためにも、親は子供に「自信」を与えなければらない。

親は子供に「存在するだけで価値がある」ということをわからせてあげる必要があるのだ。

その方法こそが、前述した「無償の愛」を捧げることなのだ。

子供から何も見返りを求めずに、ただ純粋に愛する。

これこそが、「正しい子供の育て方」の本質である。

どうか、子供の「ありのままの姿」を認めてあげてほしい。

そうすれば、子供は自信に満ち溢れた大人に必ず成長するはずだから。

子供の理解者になる

以上が「正しい子供の育て方」の概要となる。

読んでみれば、どれも「当たり前」のことばかりで拍子抜けしたかもしれない。

しかし、昨今では、この「当たり前」ができていない親が非常に多い。

子供が自分の思い通りにならないことで苛立ったり、子育てよりも自分の時間を優先する、などはまさにその表れだ。

これらの根底には、子供を支配したい、という感情が隠されている。

子供は親のペットではない。

純粋に可愛いと感じるのは5歳頃までで、小学生に上がればどんどん生意気になってくる。

それでも、親は子供に無償の愛を捧げなければならない。

子供にとって親とは「本当の自分」を見せられる唯一の存在なのだから。

その親に裏切られれば、子供は生涯絶望に苛まされることになってしまう。

本来、親とは子供にとって「世界一の味方」でなければならないのだ。

「自分は親から愛されている」「自分には絶対的な味方がいる」

この安心感こそが、子供の自信を育んでいくのである。

私は、これからの時代を生き抜くために一番大切なことは「自分に自信を持つこと」だと思っている。

しかし、本物の自信とは一朝一夕で得られるものではない。

だからこそ、子供の時から自信を持たせることが重要なのである。

どうか、子供を思う存分愛してあげて欲しい。

あなたが子供の理解者になってあげれば、子供はそれだけで自分に自信を持つことができるようになる。

子供の育て方で悩んでいる人は、あれこれ深く考えずに、そのことだけに焦点を当てれば良い。

あなたが思っている以上に、子供はあなたからの愛を欲しがっているのだから。

最後に、現在「子供の育て方」で悩んでいる人に、この言葉を捧げてこの記事を締めることにする。

あなたはすでに十分頑張っている。

だからもっと力を抜いて欲しい。

気負わずに、もっと子育てを楽しもう。

そうすれば、あなたの想いはきっと子供に届くから。

あなたが子供と楽しい日々を過ごせることを、私は切に願っている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク